赤ちゃんの首がむれてじゅくじゅく時の対処法

アズノールvsスタデルムvsプロペト

我が家の長男が生まれて早、2ヶ月。

肉がついてまるまると太ってきました。

しっかりしてきて抱っこするもの大分楽になってきたのですが、大きくなったための肌トラブルが起こってしまいました!

肉がついて首に3段に重なっており、そのせいで空気に触れず蒸れて、じゅくじゅくになってしまったのです。

首は真っ赤になり、洋服の襟は組織液で黄色くなってます。

なるべく乾かした方がいいことは分かりますが、どうしても肉と肉の間をずっと手で広げてるわけにもいかず、

また、夜寝ている時はずっと肉がだんだんに重なったまま。さらに、余計に汗をかくので悪化する一方です。

首のじゅくじゅく、最適な対処法は?

乾かした方がいいのですが保湿の薬を塗るのはいかがなものか?と思われますが、やはり一番は肌の保護です。

色々な口コミを参考+自分で検証した結果、効果が一番あるのはアズノールでした。

KIMG2452[1]

プロペトは肌のどこにでも使えるオールマイティな薬ですが、保湿、保護に主に使われ、炎症や痛みを抑える作用がありません。

KIMG2453[1]

スタデルム軟膏も非ステロイド系消炎・鎮痛外用剤となってます。あまり強くないお薬で、ステロイドも使っていません。
乳児湿疹がひどく、かゆみや痛みを伴ってる(だろう)時に使います。

こちらのお薬をためしに使ってみましたが、改善されませんでした。

また、スタデルムは弱い薬のわりに、副作用が多くあるので、症状が改善されない場合にはすぐに中止したほうが良いです。

主な副作用

  • 発疹
  • 刺激感
  • かゆみ
  • 接触皮膚炎
  • 面皰
  • つっぱり感 など

アズノールを首に塗って一日様子を見たところ、じゅくじゅくの独特な匂いが消え、2日で赤みが和らぎ、組織液も出てこなくなりました。やはりアズノールが効き目があるみたいです。

じゅくじゅく首に!アズノールの塗り方

お風呂で首の荒れてるところを丁寧に、優しく洗います。
たくさん泡を立てて、汚れを落とし、たっぷりのお湯ですすぎましょう。

お風呂から上がったら、良く水分をふき取ります。こすらず、清潔なタオルでポンポンと押すように。

アズノールを適量指にとり、薄く塗ります。

そしてガーゼハンカチなどの毛羽立たない布を挟んで通気できるようにして完成です。

(バンダナみたいに首に巻いてもOKですが圧迫しないように気を付けましょう)

まだまだ首が座る前の赤ちゃんは手が掛かります。

お母さんも、寝不足だったり、腱鞘炎になったり、大変かとは思いますが、生後3~4か月になるとぐんと楽になるので頑張りましょう♪

先日、あかちゃんの首がじゅくじゅくして黄色い汁が襟につくという記事を書きました。前回の記事:赤ちゃんの首がむれてじゅくじゅく時の対処法非ステロイド系抗炎症剤アズノールをぬってもなかなか良くならなかったのです。ステロイドの薬じゃないと効かないのかなぁ・・・なんてさすがに思ってきました。近くの小児科は皮膚やアレルギーの事も相談できる万能小児科なのですが、インフルエンザが流行っている今、龍一郎を連れて行くのを躊躇していました。しかし、長女、さくらのアレルギーの薬も切れてしまったので行かなければなら...
6月25日・・・・あやまさ家の一大イベントがあります! あやまさと主人と、さくら、いろは、龍一郎、じいちゃん、ばあちゃん、義弟、その奥さん。大人6人と子供3人でディズニーランドに行きます!!。さくらもいろはも、じいちゃんもばあちゃんも夢の国が大好き♪パスポート代は決して安いとは言えませんが、それでも年に1~2回、家族みんなが喜ぶならプライスレスです。(少しでも安く、お得に利用する方法を実践中↓)  じいちゃんとばあちゃんと義弟夫婦と、みんなでそろっていくのは今回が初めて。せっかくみんなが...

仕切りクローバー

お読みいただきありがとうございました。ぽちっとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村